玉ねぎで腹痛が起こる原因と対処法について

玉ねぎ 腹痛

常備しやすく、いろいろな料理に使えることで 大人気の玉ねぎ!しかし、玉ねぎを食べることで腹痛を起こすことがあります。

玉ねぎによる腹痛の原因として、ほとんどが玉ねぎに含まれる【アリシン】が原因とされています。ここでは、玉ねぎによる腹痛の原因と対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

玉ねぎによる腹痛の原因【アリシン】とは?

玉ねぎ

玉ねぎによる腹痛の原因でもある【アリシン】は、血液中でビタミンB1と結合することにより長時間血液中にとどまり、ビタミンB1の働きを助けます。ビタミンB1は疲労回復の効果が非常に高いですので、疲労回復効果を持続する働きがあるのです。

アリシンで腹痛を起こすのはなぜ?

玉ねぎ 腹痛

アリシンには強い抗菌・抗カビ作用があります。玉ねぎを摂取することにより起こる腹痛の原因はこの抗菌作用にあります!!

体内に摂取されたアリシンは、腸内でその抗菌作用により悪玉菌を排除します。この時、同時に善玉菌にも同じように作用することがあるので、腸内の菌のバランスが乱れてしまい、その結果腹痛や下痢という症状が現れるのです。

しかし、食べ過ぎやアレルギーの方を除いて、普通に摂取するには何も問題ありません。

玉ねぎによる腹痛の対策・対処法は?

玉ねぎ

アリシンが含まれる食材には、他に にんにく、にら、ねぎ等があるので、それらと一緒に玉ねぎを摂取する際には、食材の量を調整したり、食後にヨーグルトなどを食べることで腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで対策することができます。

アレルギーによる腹痛も十分に考えられますので、もし玉ねぎを食べることにより腹痛が生じた際は すぐに食べるのをやめ、頻繁に起こるようでしたら、医師に相談しましょう。

スポンサーリンク