【玉ねぎ】 血液をサラサラにする成分と 涙の原因は何?

玉ねぎの成分
玉ねぎは血液をサラサラにしてくれることで注目を集めている野菜です。

動脈硬化の予防にもなるので、現代人にはピッタリの食べ物とも言えるでしょう。

ここでは、血液をサラサラにする玉ねぎの成分と 涙の原因についてご紹介しています。


スポンサーリンク

玉ねぎが含む 血液をサラサラにする成分とは?

玉ねぎの成分

玉ねぎのこうした血液をサラサラにする成分は【アリシン】と言われるものとなります。

この他にもアリシンはビタミンB1の吸収を高める働きを有し食欲増進にも効果が認められます。

アリシンは水にさらしてしまうと成分が溶けだしてしまうので、できるだけ水にさらす時間を短くして 生で玉ねぎを食べることがオススメです!!

玉ねぎを切るときに涙が出る原因は?

玉ねぎを切ると涙が出てきます。

玉ねぎを調理するときの唯一の欠点がこの部分かと思うのですが、この涙は玉ねぎに含まれている【硫化アリル】が原因です。

玉ねぎを切るときに 玉ねぎの細胞が壊れ、硫化アリルが気化して空気中に放出されます。

そして目を刺激するので、涙が出ます。

つまり、硫化アリルは催涙成分です。

玉ねぎを切るときに涙が出なくする方法は色々とありますが 一番のオススメは切る前に玉ねぎを冷やしておくことです。

冷やすことで硫化アリルが帰化する作用を抑えることができます。


血液をサラサラにしてくれる【玉ねぎ】!!

切る前に冷蔵庫で冷やしてから調理してくださいね!

スポンサーリンク