【玉ねぎ】 硫化アリルは加熱するとどうなる? 効果・効能は?

玉ねぎ

玉ねぎの成分の中でも特に有名なのが【硫化アリル】です。硫化アリルは、玉ねぎを切ったときの涙の原因なんですよ。

ここでは、硫化アリルを加熱した時の効果・効能などについてご紹介します。

スポンサーリンク

硫化アリルの効果・効能は?

玉ねぎに多く含まれる【硫化アリル】は、臭いと辛味の成分です。

玉ねぎ

硫化アリルには、血液を溶かしてサラサラにさせる効能があります。そのため、玉ねぎは血液サラサラ成分を含む健康食材としても人気です。

硫化アリルにはビタミンB1の吸収を高める効果もあるため、炭水化物と一緒に摂取すると疲労回復効果も得られます。

硫化アリルを加熱するとどうなる?

玉ねぎ

硫化アリルは加熱することで、独特な甘味成分へと変化します。生の状態では強烈な刺激があるため、調理の際に目に入ると涙が出ることも有名です。

炒めてしまっても硫化アリルとしての効能は残りますから、安心して加熱できます。

加熱した時の玉ねぎの臭いについて

玉ねぎ

玉ねぎをよく炒めることで独特な芳香も生まれるため、健胃効果も引き出すことができます。カレーの料理では、ターメリックや唐辛子などの香辛料と一緒に使うと健康的です。

加熱することで得られる玉ねぎの甘みは、料理のダシとしても使えるほどの美味しさです。気になる臭いは完全になくなり、栄養分だけがしっかりと残ってくれます。

玉ねぎの健康効果を引き出すためには…

玉ねぎ

健康効果を確実に引き出すためには、玉ねぎを習慣的に食べることが大切です。

玉ねぎをよく食べている人は、【硫化アリル】や【ケルセチン】のおかげで 高血圧や動脈硬化を未然に防いでいます。生活習慣病の予防に役立つため、玉ねぎは現代人にとって欠かせない野菜となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク