玉ねぎを食べた犬の症状は? 中毒になる原因と対処法!!

玉ねぎ中毒
犬を飼っているかた、必見!!

ここでは、犬が玉ねぎを食べてしまったときの対処法や症状をご紹介しています。

スポンサーリンク

犬が玉ねぎを食べてしまったら…

玉ねぎ中毒

犬が玉ねぎを食べると中毒になると言います。
その理由は、玉ねぎには、【アリルプロピルジスファイド】という成分があるからです。この成分は、ヘモグロビンを酸化させるので赤血球が使えなくなって犬は酸素不足の状態になってしまうのです。
高カリウム状態になってしまうので、玉ねぎ中毒を引き起こします。

玉ねぎ中毒の症状は?

犬が玉ねぎを食べた場合、症状が出るまでには3~4日の時間がかかります。そのため、原因がタマネギだと気が付かない飼い主が多くいます。

血尿や血便、黄疸や貧血、下痢や嘔吐、痙攣や結膜異常などが出た場合は、玉ねぎ中毒と疑っていいでしょう。

犬が玉ねぎを食べたときの対処法は?

犬が誤って玉ねぎを食べてしまったときは、対処法としては、とにかく吐かせることです。
塩を舌の上にのせ、大量の水を飲ませて吐かせるとよいでしょう。薄めたオキシドールを飲ませて吐かせる方法も有効です。

もちろんこれは応急処置なので、病院に連れて行きましょう。ただ、肝臓などの臓器に問題がある犬には、このような応急処置をしてはいけません。

いずれにせよ、玉ねぎを吐かせることに成功したとしても、すぐに病院に連れて行くべきです。

スポンサーリンク