玉ねぎを干す期間や理由とは? ※画像有り

玉ねぎ 干す

玉ねぎは保存がきくので、1年を通して食べることができます。

ここでは、玉ねぎを干す期間や理由についてご紹介します!

スポンサーリンク

玉ねぎを干す必要がある理由は?

玉ねぎ 干す

玉ねぎを干す必要がある理由は、有効成分となるケルセチンを増やすことにあります。当然ながら、保存性を高めるための理由もあります。

玉ねぎを干して保存することは、昔から普遍的に行われてきましたが、研究によって栄養価も高まることが判明しています。

玉ねぎを干す期間は?

玉ねぎ

栄養を増やすために、数ヶ月も干す必要はありません。1週間ほどの期間であっても、ケルセチンの量を3倍から4倍ほどに増やせます。

ケルセチンの効果・効能とは?

玉ねぎに含まれるケルセチンには、老化防止の効果があります。そのままの状態で食べても一定の効果がありますが、干してケルセチンの量を増やしたほうが良いのは明らかです。

干すことで余計な水分が減って旨味が凝縮しますから、一石二鳥ですね!!

玉ねぎを干すやり方は?

玉ねぎ 干す

玉ねぎを干す場合には、皮を最初にむいておきます。皮をむいた状態で3日から1週間の期間で天日干しにしていきます。

日数が経過していくうちに、玉ねぎの表面が紫外線に対抗してケルセチンを分泌するようになります。収穫してしまった玉ねぎですが、太陽の光に対抗するだけの生命力を持っています。

干した玉ねぎは、普段通りに料理で使うことができます。味噌汁やカレーに入れて食べれば、栄養分を余すことなく摂取できますよ!

スポンサーリンク