玉ねぎ栽培の収穫時期はいつごろ?保存方法は?

収穫の時期

加熱すると甘味が出てくるためにお料理には欠かせない食材の一つに玉ねぎがありますよね。この玉ねぎ、毎年春には新玉ねぎが店頭にならびます。玉ねぎにはいくつかの種類があり、早生種の場合には5月ごろ、晩生種の場合には6月ごろが収穫期になってきます。


スポンサーリンク

玉ねぎの栽培について

家庭菜園でも人気の玉ねぎは、プランターを使って育てることができます。ここでは、苗の植え付けから収穫までを動画でチェックしていきましょう!



玉ねぎの保存方法や注意点は?

玉ねぎ 保存方法

収穫した玉ねぎは、すぐに新玉ねぎとして食べるのであれば、保存はストッキングなどを利用して玉ねぎ同士が触れ合わないようにして風通しが良く雨が当たらない場所につるしておく。というのがベストです。すぐに食べるのであれば冷蔵庫でも良いのですが、玉ねぎは湿気を嫌うため1週間以上保存するようでしたら、つるして保存が適切です。

長期保存をする場合には、半日ほど風通しが良い場所に置いておいてから、玉ねぎの葉を取らず、葉の部分を紐などで束ねて風通しが良く雨が掛からない軒の下などの日陰につりさげておくようにします。しっかりと干すことで、長期保存が可能になってきます。玉ねぎは湿気にとても弱いので、雨が掛からない場所に干すということが取っても大切になってきますので、お気を付けくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク