【酢玉ねぎ】 加熱や冷凍すると栄養はどうなる?

酢玉ねぎ

雑誌やテレビ番組で話題となった「酢玉ねぎ」。普段の食事に取り入れているという方も多いと思いますが、「加熱や冷凍しても大丈夫なの?」と疑問に思ったことはありませんか?

ここでは、酢玉ねぎの加熱・冷凍したときの栄養についてご紹介しています。

スポンサーリンク

酢玉ねぎについて

酢玉ねぎ

酢玉ねぎは血液サラサラ効果や腸内環境の美化、疲労回復、ダイエット効果などが期待されている食品です。たくさんの健康効果があることから、雑誌やテレビ番組で紹介されると瞬く間に話題になり、今では多くの方が健康法として取り入れています。

酢玉ねぎはお酢にスライスした玉ねぎを漬けておくだけと作り方もとっても簡単♪ サラダや酢の物にピッタリの酢玉ねぎですが、加熱や冷凍はOKなのでしょうか? 続きでチェック!

加熱するとどうなる?

酢玉ねぎ

上で少しお話ししたように、酢玉ねぎはそのまま食べるだけでなくサラダや酢の物と合わせるのもオススメです。でも、加熱や冷凍できればもっとアレンジの幅も広がりますよね。
しかし、加熱することによって酢玉ねぎの効果が失われてしまわないかが気になるところ…。

加熱することによって血液サラサラ効果のある【硫化アリル】の働きは失われてしまいますが、胃の粘膜の保護・胃の血流を良くする働きがある【プロピルメルカプタン】の効果が得られます。加熱することによって全く効果がなくなってしまう訳ではありませんので、ご安心くださいね♪

冷凍すれば「玉ねぎ氷」に!!

玉ねぎ氷

酢玉ねぎも、もちろん冷凍OK!!ただし、そのまま冷凍するのはNG。酢玉ねぎをミキサーにかけてペースト状にし、製氷皿に入れて冷凍庫へ。これで「酢玉ねぎ氷」になります♪酢玉ねぎ氷はドレッシングやたれに入れたり、みそ汁やスープにそのまま入れるのがオススメです。

加熱や冷凍によって、酢玉ねぎのアレンジ方法が増えますね♪また、冷凍することによって2ヶ月ほど保存できるのも嬉しいところ♡ そのままでも色々なアレンジを楽しめますが、加熱・冷凍でさらに上手に酢玉ねぎを活用してくださいね♪

【ハウス】玉ねぎの力

天然効果タマネギの力

今話題の血液サラサラ成分がたっぷり

・希少な成分のシクロアイリン
・玉ねぎの外皮エキスのケルセチン

初回購入なら定価より半額!

 

>>>『玉ねぎの力』詳細はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク