酢玉ねぎでコレステロール値が下がる!! 食べ方と注意点は?

酢玉ねぎ

NHKためしてガッテンやTBSはなまるマーケットで紹介されて、話題になった「酢玉ねぎ」

さまざまな健康効果がある酢玉ねぎですが、今回は酢玉ねぎの「コレステロール値を低下させる効果」に注目したいと思います。

スポンサーリンク

酢玉ねぎでコレステロール値が下がる理由は?

酢玉ねぎ

まず、酢玉ねぎでコレステロール値が下がる理由についてお話ししていきます。

酢玉ねぎの材料である玉ねぎには【硫化プロピル】という成分が含まれており、これを長時間空気に触れさせると「トリスルヒィド」という物質に変化します。

トリスルヒィドには血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、コレステロール値の低下につながるという訳です。

コレステロール低下以外の効果・効能は?

酢玉ねぎ

酢玉ねぎにはさまざまな健康効果があるとお話ししましたが、コレステロール低下以外にどんな効果・効能があるのかチェックしていきましょう♪

◇血糖値を下げる効果
◇中性脂肪を減らす働き
◇高血圧や脳梗塞などの予防
◇便秘解消
◇耳鳴りの解消
◇疲労回復
◇不眠解消

健康だけでなくダイエットにも効果的な酢玉ねぎ。その食べ方やレシピ、食べる時の注意点は続きでチェック!!

酢玉ねぎの食べ方やレシピを紹介♪

酢玉ねぎ

酢玉ねぎはそのまま食べるだけでなく、ほかにもさまざまな食べ方やレシピがあります。

オススメは「細切りキャベツの上にゆでた豚肉をのせ、その上に酢玉ねぎをのせたサラダ」や「酢玉ねぎを使ってアジの南蛮漬け」、「アボカドと赤かぶ、酢玉ねぎを和えたサラダ」♪

特にサラダは今の時期、食べる機会が増えますがマンネリしがち。酢玉ねぎはサラダとの相性もいいですし、ぜひ酢玉ねぎを使ったサラダを試してみてくださいね♡

酢玉ねぎを食べるときの注意点は?

酢玉ねぎ

酢玉ねぎには、基本的に副作用はありません。しかし、食べ過ぎには注意です!!なぜなら、食べ過ぎると体臭や口臭がきつくなってしまうから。どれくらいニオイがするかは個人差があるので何ともいえませんが、人と会う予定があるときは食べる量を控えた方が良さそうですね。

酢玉ねぎは漬ける時間が必要となりますが、材料は少なく作り方もとっても簡単♪こんなに簡単にできて、たくさんの健康効果が期待できるのであれば、試してみる価値はありますよね☆コレステロール値が気になっている方は、ぜひお試しあれ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク