酢玉ねぎが胃痛の原因になる!? 対処法はこちら

酢玉ねぎ

多くの健康効果が得られると注目された食品といえば「酢玉ねぎ」ですよね。しかし、「酢玉ねぎを食べて胃が痛くなった…」という話もあります。

ここでは、酢玉ねぎで胃痛になる原因や対処法などをご紹介していきますね!!

スポンサーリンク

酢玉ねぎが胃痛の原因になる!?

酢玉ねぎ

血液サラサラ効果をはじめとした、さまざまな健康効果が注目された「酢玉ねぎ」。しかし、身体に良いからとたくさんの量を食べると胃が痛くなる場合があります。

これには、玉ねぎに含まれている成分【硫化アリル】が関係しています。硫化アリルは胃の消化液の分泌を促して胃の働きの改善などを行ってくれます。しかし、酢玉ねぎを食べ過ぎてしまったりすると胃酸過多になり、気持ちが悪くなったり、胃痛や胸焼けなどの症状が現れることがあります。

酢玉ねぎの副作用とは?

酢玉ねぎ

酢玉ねぎを食べ過ぎた場合、胃痛以外にも貧血、腹痛や下痢などの症状が現れる場合があります。また、口臭や体臭が気になるという場合もあるようです。

いくら身体に良いと言われていても、食べ過ぎはよくありません。酢玉ねぎを食べる時は1日あたり50gほどに抑え、体調の悪い時は控えた方が良いでしょう。

胃痛が起きたときの対処法は?

酢玉ねぎ

では、もしも酢玉ねぎで胃痛が起こってしまったときはどうすればよいのでしょうか?酢玉ねぎで胃痛が起きた場合、通常であれば数時間で症状が改善されます。しかし、自然に治らないようであれば病院を受診しましょう。

健康に良い酢玉ねぎ、胃痛などが起こらないよう適度な量を召し上がってくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク