【村上祥子】酢玉ねぎの作り方 、レシピはコチラ

酢玉ねぎ

テレビ番組や雑誌などで話題になり、多くの方に支持されている酢玉ねぎ。酢玉ねぎにはいろいろな作り方があり、どのレシピが良いのか迷う方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、料理研究家・村上祥子さん酢玉ねぎの作り方をご紹介していきますね♪

スポンサーリンク

村上祥子さんや酢玉ねぎについて

村上祥子 酢玉ねぎ

村上祥子さんは数々の料理コンテストで入賞の経験を持ち、管理栄養士の資格も持つ料理研究家です。電子レンジ等を使った簡単でおいしいレシピのほか、生活習慣病の予防食&改善食などの開発も行っています。村上祥子さんは「玉ねぎ氷」を考案したことでも有名ですよね!!

そんな村上祥子さんはテレビ番組などで話題の「酢玉ねぎ」の作り方も紹介しています。酢玉ねぎとは、お酢と玉ねぎを合わせた健康やダイエットに効果的な食品のこと♡

村上祥子さん流・酢玉ねぎの材料&作り方は続きでご紹介します♪

酢玉ねぎの作り方やレシピは?

酢玉ねぎ

・玉ねぎ500g
◆酢 150ml
◆蜂蜜 100ml(お砂糖なら65g、パルスイート・カロリー90%カットやエリスマートの場合は20g)
◆水50ml
◆塩小さじ1

酢玉ねぎ 作り方

【村上祥子さん流・酢玉ねぎの作り方】

①皮をむいた玉ねぎを包丁やスライサーを使って薄くスライスします。

②スライスした玉ねぎをフタ付きの容器に移しておきます。

③◆の材料をお鍋に入れて火にかけ、煮立ったら火を止めます。

④玉ねぎ入りのフタ付き容器に③を注ぎ入れ、常温まで冷ましてフタをします。

⑤これで酢玉ねぎの完成♪30分後から食べられます♡

酢タマネギの食べ方や摂取量は?

酢タマネギの食べ方

玉ねぎと酢、ハチミツさえあれば簡単に作る事ができるこの「酢玉ねぎ」。今回は酢玉ねぎの美味しい食べ方と摂取量についてお話しします。玉ねぎは生で食べると胸やけや吐き気を起こす可能性がありますので水にさらしてから食べるなど工夫してみてください。

<酢玉ねぎの美味しい食べ方レシピ>
◆サラダにトッピング
レタス、ブロッコリーなどお好みのサラダと一緒に酢玉ねぎを盛り付けるという簡単サラダです。酢玉ねぎがドレッシングのかわりとなります。さっぱりして美味しいです。

◆トマトのスライスに酢玉ねぎ乗せ
トマトを食べやすいサイズにスライスし、その上に酢玉ねぎを刻んでのせるとういう簡単サラダです。トマトの酸味と酢が絶妙にマッチします。もちろんそのまま食べても美味しいですが、野菜炒めやスープ、パスタなどに入れても美味しいと思います。是非お試しください。

酢玉ねぎの摂取量

<酢玉ねぎの摂取量について>
玉ねぎは、血液をサラサラにし高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を防いでくれます。お酢は脂肪の分解をしてくれる働きがあるのでこの酢と玉ねぎの効果は期待できます。しかし、体に良いからと言って食べすぎるとお腹を壊したり、体調不良のもとになり兼ねません。

酢なので胃に負担がかかるの為、空腹時は食べるのをやめましょう。また食べる量は1回60ml程度(小皿1杯分)にして食べすぎに注意しましょう

保存方法や保存期間について

酢玉ねぎ

酢玉ねぎは冷蔵で1ヶ月保存が可能です。冷蔵すると酸味がまろやかになりますので、食べやすさUPと保存のためにぜひ冷蔵庫保存してくださいね♪

冷凍しても酢玉ねぎの健康効果はそのまま維持できて、保存期間が長くなるのでとてもおすすめできます。保存する際は、玉ねぎをすりおろしてから保存してください。みそ汁や調味料として普段の食事に混ぜて食べる事が出来ます。カレーの隠し味にもなるのでおすすめです。作るのも簡単なので是非皆さんもお試しください。

人気料理研究家・村上祥子さんの酢玉ねぎ、ぜひ召し上がってみてください☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク