酢玉ねぎの保存容器やアレンジレシピについて

玉ねぎの保存容器

今話題になっている「酢玉ねぎ」。その名前の通り、玉ねぎをスライスし、はちみつを加えてお酢に漬けて作ります。日持ちがして体にいいので、毎日のメニューに加えたいですね。また、料理家の村上祥子さん提案で本にもなった「玉ねぎ氷」も根強い人気があります。それぞれ、レシピも紹介していきますね。

スポンサーリンク

酢玉ねぎの保存容器について

酢玉ねぎ 効能

酢玉ねぎを作ったら、毎日少しでも活用していきたいですよね。保存期間は1週間程度ですが、どんな容器がいいでしょうか?それは「ガラス容器」です。密閉できても、プラスチック製は避けましょう。

その理由は「酢」、ご存知のようにお酢は酸性です。プラスチックは酸に溶ける可能性があり、また、においもつきやすいので後の処理が大変になります。その点、ガラスなら煮沸消毒もできますし、においも残りにくいのでおすすめです。ジャムやインスタントコーヒーの空き瓶なら大きさもいろいろで、活用できるのではないでしょうか。

人気のアレンジレシピはコレ

酢玉ねぎ レシピ

アレンジといっても混ぜるだけで簡単!ひと味違う一品ができます。「酢玉ねぎのアボカドゆず胡椒和え」「酢玉ねぎポテトサラダ」「酢玉ねぎ冷奴」。「酢玉ねぎナポリタン」。他にも市販のパスタソースに加えると具の増量にもなり、ヘルシーに仕上げることができるのでおすすめです。

「酢玉ねぎドレッシング」は酢玉ねぎと油(オリーブ油などお好きなもので)、しょうゆをミキサーでガーッとまわすだけ。酢玉ねぎを市販のドレッシングに混ぜるだけでもOKなので、ぜひ作ってみてくださいね♪

玉ねぎ氷の作り方と使い方は?

玉ねぎ氷 作り方

同じ玉ねぎを使った「玉ねぎ氷」もぜひ作りおきしたいところです。糖尿病や高血圧の方にもオススメの玉ねぎ氷の作り方を紹介します。玉ねぎ4個で製氷皿2~3枚分できますよ!

【玉ねぎ氷の作り方】
1.皮をむき、頭と根は切り落とします。

2.耐熱皿にのせ、電子レンジで20分チン(600Wの場合)します。

3.汁ごとミキサーに入れます。

4.水1カップを足してガーッと回します。

5.とろとろになって冷めたら製氷皿に入れます。ふたをかぶせましょう。

6.凍ったら取り出し、保存袋に入れます。

冷凍庫で2ヶ月保存可能です。玉ねぎ氷は 味噌汁、スープ、ドレッシングに加えると手軽に健康レシピに早変わり!また、カレーや納豆の隠し味、ごはんを炊くときに加えてもいいそうですよ。

いかがですか?酢玉ねぎも玉ねぎ氷もいちど作ってしまえば保存でき、とっても使いやすいので、毎日使いたくなりますよ!ぜひ作ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク