玉ねぎが目にしみない方法!! 原因と対策・予防法は?

玉ねぎを切る

煮ても焼いても、生のままサラダでも美味しい玉ねぎ
色々な料理に使えて、食べるだけなら美味しい玉ねぎですが、切り刻む時に目にしみて涙が出てしまうのが悩みのタネ。そもそも何故、玉ねぎを切ると涙が出てしまうのでしょうか?

ここでは、玉ねぎが目にしみる原因と対策・予防法をご紹介しています!!

スポンサーリンク

玉ねぎが目にしみる原因とは?

玉ねぎの栄養

玉ねぎが目にしみる原因は、玉ねぎの細胞内に含まれている硫化アリルという成分です。

包丁で切ることにより玉ねぎの細胞が潰れてしまい、硫化アリルが溢れ出します。これが 蒸発してガスとなり、空気中に漂って、目や鼻、口などの粘膜に刺激を与えてくるのです。さらに、玉ねぎは常温保存も可能な野菜ということもあり、潰れた細胞から成分が蒸発しやすいのも特徴。

つまり、目がしみないようにするには、硫化アリルが蒸発するのを防げばいいのです。

玉ねぎが目にしみないようにする対策と予防法は?

玉ねぎが目にしみないようにする対策と予防法は次の動画をご覧ください。

玉ねぎを切る前にしておくことは…?

手っ取り早いのは、玉ねぎを 切る数時間前から冷蔵庫で冷やしておくことです。…かといって、使わない玉ねぎを冷蔵庫で保存することはオススメできません。玉ねぎ自体の品質は湿度に弱いため、味わいや豊富な栄養素が損なわれてしまうのです。

あくまでも、切る数時間前に冷蔵庫で玉ねぎを冷やしましょう。

玉ねぎを切る際に濡らした包丁を使うことも効果アリですよ♪包丁に成分が付着するため、空気中に蒸発することを未然に防ぐことが出来ます。

【ハウス】玉ねぎの力

天然効果タマネギの力

今話題の血液サラサラ成分がたっぷり

・希少な成分のシクロアイリン
・玉ねぎの外皮エキスのケルセチン

初回購入なら定価より半額!

 

>>>『玉ねぎの力』詳細はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク