玉ねぎのすりおろしの効果・効能は? 人気の食べ方はコレ♪

玉ねぎ すりおろし

玉ねぎをすりおろしにして調理することで、消化吸収に優れた食べ物になります。

辛味と臭い成分の硫化アリルの効果によって、血液をサラサラにする効能も引き出せます。ビタミンB1の吸収を高める効能もあるため、夏バテや慢性的な疲労を解消する効果もあります。

スポンサーリンク

玉ねぎのすりおろしの効果・効能は?

玉ねぎ すりおろし

玉ねぎのすりおろしの効果・効能は、ビタミンB1の宝庫となる豚肉と一緒に調理すると健康効果が高まります。エネルギー源として最高の食材が合わさることになりますが、玉ねぎはすりおろしたほうが食材によく馴染んで消化もよくなります。

すりおろしてから炒めれば、芳香性の健胃効果も引き出すことができます。胃腸の調子が悪くて食欲が出ないときに食べると、スタミナを十分に摂取してお腹の健康状態が改善します。

玉ねぎのすりおろしの人気の食べ方はコレ!

すりおろし 玉ねぎ

すりおろしの玉ねぎの人気の食べ方は、魚料理の薬味として使うこともおすすめです。アジやサバを使って南蛮漬けを作るときには、玉ねぎのすりおろしを入れると風味が倍増します。

美味しくなるだけでなく、硫化アリルやケルセチンなどの有効成分も同時に摂取できるようになります。ケルセチンにも血液をサラサラにする効能がありますから、高血圧や動脈硬化を予防するためにも有効です。

すりおろしの玉ねぎは、カツオなどの刺身の薬味として使っても健康効果を引き出せます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク