玉ねぎの連作について!栽培で注意することは?

玉ねぎの連作

玉ねぎの連作は、一般的に障害が起きにくいと言われています。玉ねぎは 4年間同じ場所で栽培しても障害の発生しない便利な野菜ですが、しかし、それ以上続けてしまうとやはり連作障害が発生するのです。ここでは、玉ねぎの連作についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

玉ねぎの連作について

玉ねぎ栽培

連作障害の多くは、土壌の成分が偏ってしまうことにより起きてしまいます。ここで注意する必要があるのは、土壌の成分はその場所や畑の作り方によって異なるため、その場所に応じて玉ねぎの生育状態も変わってくるという事です。もし、畑の質が悪ければ、当然ながら4年間同じ場所で連作を続ける事は難しいと言えるでしょう。畑の状態に気付くためには、それだけ技術や経験が必要になります。毎日しっかりと状態を観察していくと良い事が必要なのです。

連作障害の対処法は?

連作障害の対処法

土壌の質によっては、連作と関係なく害虫や病気が発生します。それらは連作とは関係ありませんが、当然ながらそれ以上の玉ねぎの栽培は行うことを止め、土壌の改善が必要になるでしょう。例えば、畑を水で満たす事も悪くありません。この方法は、土壌の中の毒素を取り除く効果が期待できるのです。

そしてもちろん、玉ねぎの質を求めるならば、無理に連作をしない方が良いと言えるでしょう。大体、2、3年程度で土や環境を変えてやることが大事です。連作障害が起きにくい野菜と言っても、万が一が起こらないとは限らないのです。

本当においしい玉ねぎを作るのならば、慎重に栽培することが大事です。そしてそれは、玉ねぎの質に繋がっていくのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク