【玉ねぎ】 加熱すると栄養はどうなる? 人気の食べ方は?

玉ねぎ

健康に良い野菜として知られる玉ねぎ。「生のままで食べるのが1番!!」という話も聞きますが、玉ねぎを加熱すると栄養はどうなるのでしょうか?

ここでは、玉ねぎを加熱した場合や人気の食べ方などについてご紹介しています。

スポンサーリンク

玉ねぎに含まれる成分について

玉ねぎの栄養

玉ねぎに含まれる成分は大きく分けて2種類あります。

1つは、皮の部分に多く含まれるポリフェノールの一種「ケルセチン」。もう1つは「プロピルアリルジスルフィド」、「サイクロアイリン」などのニオイ成分で、どちらも血糖値や血圧の低下、血流改善などの効果があります。

玉ねぎを加熱すると栄養はどうなる?

玉ねぎ

玉ねぎを加熱すると、玉ねぎに含まれる【硫化プロピル】が【トリスルフィド】という物質へと変わります。このトリスルフィドは、生活習慣病や肥満の原因にもなる中性脂肪やコレステロールの値を低下させる働きがあります。

また、さらに長時間の加熱調理により【セパエン】という物質に変化!!トリスルフィドと効果はほとんど同じであるにも関わらず、長時間の加熱により成分が凝縮されているため、効率良く摂取することができます。玉ねぎを加熱調理することにもメリットがあるのですね♪

玉ねぎを加熱すると味と匂いが変わる?

玉ねぎに含まれる【硫化アリル】は、肉や魚などの臭みを消してくれたり、ビタミンB1の吸収率を上げてくれますが、加熱によりその働きが失われてしまうことも。

硫化アリルの成分をより効率的に摂取したい場合は、生のまま食べるのがオススメです。

しかし、加熱することによって甘みが強くなり、またさらにうま味成分のグルタミン酸が出てきますので、目的に合わせて調理方法をかえるとよいでしょう。

玉ねぎの人気の食べ方は?

玉ねぎスープ

玉ねぎをつかった料理は数多くありますが、玉ねぎの栄養分をしっかりと摂りたいのであれば、カレーやシチューがオススメ!!また、丸ごと玉ねぎスープも人気です。スープにすれば、いろいろな具材でアレンジできるので飽きずに食べられますよ♪





玉ねぎはいろいろな料理に使える野菜ですから、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク