玉ねぎで涙が出るのは若い証拠? 涙の原因や出ない方法は?

玉ねぎ 涙

玉ねぎを切るときに涙が出ることがあります。なぜ玉ねぎで涙がでるのでしょうか?

ここでは、玉ねぎで涙が出る原因と対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

玉ねぎで涙が出るのは若い証拠?

玉ねぎ

玉ねぎには、アミノ酸がという物質が含まれていて、切った時に細胞が壊れることで、【硫化アリル】という物質が発生します。この硫化アリルは催涙成分と呼ばれる、涙腺を刺激する物質なので、涙や鼻水がでるのです。

しかし、塩化アリルには食欲増進の役割や、ビタミンBの吸収をしやすくする効果があります。血液をサラサラにし、動脈硬化などの病気予防にも役立つと言われています。

では、玉ねぎを切るときに涙が出ないようにするには、どのような方法があるのでしょうか。

玉ねぎで涙が出ないようにするには?

玉ねぎ 涙

玉ねぎで涙が出ないようにするために めがねをして切ることで防げるように思われますが、硫化アリルは気体なので、空気中に物質が舞ってしまって あまり効果はありません。硫化アリルは、水に弱い性質なので、水につけながら切ると効果的です。

しかし、水につけることで、ビタミンB1の吸収や血液をサラサラにする効果はなくなってしまいます。

冷蔵庫で冷やすのも効果的!

玉ねぎ 涙

温度が低い時も、硫化アリルが発生しにくくなるため、使う前に冷蔵庫に入れて冷やしてから切ると、涙を抑えることができます。また、よく切れる包丁で調理することも大切です。細胞をなるべく壊さずに切ると、硫化アリルの発生も少なくすむからです。

このような方法を参考にして、玉ねぎを切るとよいでしょう。

スポンサーリンク