【玉ねぎ】 冷凍保存の期間や方法、栄養は? ※ためしてガッテン

冷凍保存した玉ねぎ

野菜の王道、玉ねぎ。玉ねぎを使った料理は世の中にたくさんあります。安いからと言って大量に買ってしまうと、食べきるのに一苦労なんて事も…。

玉ねぎを冷凍保存できる期間はいつまでなのでしょう?実は、NHKの情報番組『ためしてガッテン』でそのことが特集されていました。

ここでは、玉ねぎの冷凍保存の期間や方法、冷凍保存したときの気になる栄養価についてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

玉ねぎの冷凍保存の期間や方法は?

玉ねぎを冷凍保存する方法ですが、そのままの玉ねぎでは冷凍できません。一般的には、玉ねぎをみじん切りかスライスにし、ジッパー付きの袋に平らに入れて保存します。

玉ねぎ氷

玉ねぎ氷にしてキューブで保存するのもオススメ♪いずれも 保存できる期間は約2ヶ月です。これなら、おすそ分けでたくさん玉ねぎをもらったときや まとめ買いをした時にも安心ですね!

冷凍玉ねぎは ためしてガッテンでも紹介♪

飴色玉ねぎ

NHKの『ためしてガッテン』でも紹介された冷凍玉ねぎには、メリットがいっぱい!!

まず、冷凍保存された玉ねぎは 繊維が壊れているので、【飴色玉ねぎ】を時間をかけずに作ることができます!!1時間かかるところを、なんと たったの10分で済ませてしまうんだとか!!玉ねぎから水分が出るため、少しの間ならフライパンから目を離しても大丈夫ですよ♪

また、冷凍保存の玉ねぎを使って【オニオンスープ】を作ると、甘みがよく出て、とても美味しいスープを作ることができます。

これらのことから、ためしてガッテンの調査では、玉ねぎが【冷凍ランキング】で堂々の2位に入っていますww

冷凍玉ねぎの使い方は?

冷凍玉ねぎの使い方

玉ねぎを冷凍?聞いてびっくりした方もいると思いますが、冷凍できるんです。玉ねぎをそのまま冷凍ではなく、半分に切ったり自分が後から使いやすい切り方でカットしてから冷凍するのをおすすめします。カットした玉ねぎを小分けの袋にしまって保存しましょう。

冷凍保存をした玉ねぎを使うときは、解凍せずにそのまま調理します。自然解凍をしてしまうと玉ねぎから水分がでてしまうのでビショビショになってしまいます。

冷凍玉ねぎを使用するときは炒めものなんかは注意が必要です。水分がでてしまうので調理しずらいかもしれません。最も適している調理方は煮込み料理です。カレーやスープなどを作るとき他の食材と一緒に混ぜて煮込めます。

その他サラダやドレッシングにも使用できます。半解凍してそのまま他の材料と混ぜる事で玉ねぎ本来のシャキシャキ感を味わえます。時短にもなりますので試してみてください。

冷凍保存した玉ねぎの栄養価は?

玉ねぎの栄養価

今の時代、どんなものでも冷凍できる時代で、家庭でも簡単に冷凍できます。そうすると、今まで冷凍できないと思われていたモノが冷凍できたりすることがわかりました。便利な冷凍保存ですが、気になるのが【栄養価】ではないでしょうか?

玉ねぎは 冷凍保存をしても、ビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンを摂ることができるので、冷凍保存した玉ねぎの栄養価はそれほど心配しなくて良さそうです。

…とはいえ、やはり新鮮なうちに食べることがオススメです♪ぜひ参考にしてくださいね!

冷凍以外の保存方法はこちら

玉ねぎの保存方法

冷凍保存も時短で主婦には嬉しい情報でしたが、他の保存方法も紹介します。どの保存方法も玉ねぎ本来の旨みを閉じ込めたままです。保存方法は至ってシンプル!「炒めて保存」「生のままカットして保存」「新聞紙にくるんで保存」「吊るして保存」これだけです。

「炒めて保存」
繊維に沿ってスライスしさっと炒めるやり方とあめ色になるまで炒めるやり方があります。炒めた後は少し冷ましてから小分けの袋に入れて冷凍します。

「生のままカットして保存」
繊維に沿ってスライス、またはみじん切りにカットした物を小分けの袋に入れて冷凍します。この時袋内に入ってしまった空気を完全に抜きましょう。

「新聞紙にくるんで保存」
至ってシンプルです。残ってしまった玉ねぎを新聞紙で優しくくるんで冷蔵庫の野菜室にて保存します。

「吊るして保存」
使わなくなったストッキングの中に玉ねぎを入れて、風通しのいい場所に吊るしておきます。なるべく早めに使用しましょう。

新鮮なうちに使いきる事が理想ですが、余ってしまったり忙しいなどが理由で時短を優先する方にはおすすめの方法です。やり方に注意しながら試してみましょう♩

スポンサーリンク
スポンサーリンク