村上祥子さんのくろたまジャムの作り方は?あさチャンで紹介されて話題!

くろたまジャム

村上祥子さんは、玉ねぎとニンニクを使った「にんたまジャム」や玉ねぎとショウガを使った「じんたまジャム」など、万能調味料となるレシピをたくさん考案している料理研究家です。

管理栄養士でもある村上祥子さんが、また新たにレシピを考案、TV番組「あさチャン」で紹介されると瞬く間に話題となりました。そのレシピとは、「くろたまジャム」です!

では、くろたまジャムとはどんなものなのか、くろたまジャムの効果や効能などと一緒に、今から見ていきましょう!

スポンサーリンク

「くろたまジャム」って何?

くろたまジャム 村上祥子

「くろたまジャム」とは、村上祥子さんが考案した万能調味料のレシピの一つで、玉ねぎ・黒砂糖・黒酢を使用し、ペースト状にしたジャムです。

「くろたまジャム」は、さまざまな料理に少し足すだけで、旨味やコクなどがアップするほか、強い旨味がでるため、減塩にも繋がります。とても食べやすく、調味料として使用する以外に、そのままで食べても美味しいとのことです。「くろたまジャム」を食べることで、体質改善ができるとされており、注目を集めています。

くろたまジャムはどんな効果や効能があるの?

くろたまジャム 効果

体質改善に役立つ「くろたまジャム」の効果や効能には、次のようなものがあります。

・血流を改善する
・高血圧を防止する
・冷え性を改善する
・疲労を回復する
・便秘を改善する
・老化を防止する
・美肌効果がある

「くろたまジャム」を食べれば体質改善への期待が持てそうですね。

くろたまジャムの作り方はこちら

くろたまジャムの作り方

<材料>
玉ねぎ・・・1個(約250g)
黒砂糖・・・60g
黒酢・・・大さじ2
※この分量で大さじ6杯分(約140g)のくろたまジャムができます。

<作り方>
1.玉ねぎを4等分し、耐熱容器に入れ、ラップを密閉せず一部分開いたままの状態で、600W・5分間(500W・6分間)、レンジで加熱します。

2.加熱した玉ねぎ(汁も含む)・黒砂糖・黒酢をミキサーに入れ、トロトロになるまで撹拌します。

3.ピューレ状なったものを耐熱容器に入れ、水分を飛ばすためにラップはせず、600W・10分間(500W・12分間)、レンジで加熱し、煮詰まっていればできあがりです!レンジであと5分間加熱すると酸味が和らぎますので、酸っぱいのがダメな方でも大丈夫です。

できあがったアツアツのうちに水滴の付いていない密閉容器に入れて、冷蔵庫に保存することがポイントです♩

一度にたくさん食べ過ぎると、お腹の調子が悪くなる場合もありますので注意して下さい。「くろたまジャム」は1日に大さじ1~3杯でOKですよ♩

アレンジレシピやおすすめの食べ方は?

ここでは、「くろたまジャム」のアレンジレシピを2つご紹介します!

・くろたまジャムのドレッシング

くろたまジャムのドレッシング

<材料>
くろたまジャム・・・大さじ1
オリーブオイル・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
塩、コショウ・・・少々

<作り方>
材料を全部よく混ぜたらできあがり。いろんなサラダに使えますよ♩

・くろたまジャムのスムージー

くろたまジャムのスムージー

<材料>
くろたまジャム・・・大さじ1
小松菜・・・50g
バナナ・・・50g
牛乳・・・100ml

<作り方>
材料を全部ミキサーで撹拌したらできあがり。ほんのりとした甘さのスムージーで、朝に飲めば便秘解消に役立ちます。

くろたまジャムを活用したおすすめの食べ方もご紹介します!

・酢を大さじ1加えて唐揚げの下味に。
・カレーにプラス。
・ハンバーグに混ぜる。
・味噌汁に入れる。
・直接パンに塗る。
・ヨーグルトにそのまま入れる。

などなど、そのまま食べても美味しい「くろたまジャム」の活用法はたくさんあります。アレンジレシピもほんとに簡単で、そのまま食べることもできる、本当に万能の調味料ですね。ぜひ「くろたまジャム」を作ってみてて下さい!

【ハウス】玉ねぎの力

天然効果タマネギの力

今話題の血液サラサラ成分がたっぷり

・希少な成分のシクロアイリン
・玉ねぎの外皮エキスのケルセチン

初回購入なら定価より半額!

 

>>>『玉ねぎの力』詳細はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク