【氷酢玉ねぎ】人気の食べ方やレシピについて

氷酢玉ねぎ レシピ

血液をサラサラにする効果など健康に欠かせない玉ねぎを使った「氷酢玉ねぎ」が話題になっています。以前流行した「玉ねぎ酢」より簡単で、夏場でも日持ちするんですよ!簡単な作り方や食べ方をご紹介しているのでぜひお試しください♪

スポンサーリンク

氷酢玉ねぎの作り方は?

氷酢玉ねぎ 材料

氷酢玉ねぎの作り方は次の通りです。

氷酢玉ねぎの材料
・玉ねぎ2個(大きめ)
・酢150ml
・はちみつ100ml

氷酢玉ねぎの作り方
1.玉ねぎは皮をむいて、4等分に切ります。

2.ミキサーに玉ねぎ、酢、はちみつを入れ、混ぜてピューレにします。

3.製氷皿に入れて冷凍庫で一晩凍らせて完成です!

氷酢玉ねぎにしておけば、冷凍庫で2カ月保存できます。玉ねぎの苦みや臭いが苦手な方は、糖度が高くミネラル豊富な「新玉ねぎ」で作るとよりGOODですよ!

氷酢玉ねぎの効能・効果

氷酢玉ねぎ 作り方

氷酢玉ねぎは酢玉ねぎの効果はそのままで、保存期間が長くなり、作る手間も簡単になっています。効果は「血管の若返り」と言われています!血流促進、血圧低下、血糖値低下、中性脂肪低下と、多くの人が気になる数値が改善するとのことで評判なんですね。

前に流行った玉ねぎ酢よりもいい点は、

★すりおろすことで消化吸収力が上がる
★氷にすることで使いやすい
★つけ込まなくていい
★日持ちがする

ということです。消化がいいので「腸内環境を改善できた!」という口コミも多く聞かれます。結果的にお腹まわりがスッキリし、ダイエットになる、と嬉しいオマケもあります♪

食べ方やレシピについて

玉ねぎの効果

いくら身体にいいといっても食べすぎは逆効果!健康効果を得たい方は「氷酢玉ねぎ」を1日に氷3個(75g)を取るとよいとされています。

もちろん、これは料理や調味料として使ってもらってOK!お手軽なのは、お味噌汁やスープ、インスタントラーメンに入れる、ごはんに混ぜて炊くこと。これなら毎日できそうですね。ハンバーグやカレーには「みじん切りの玉ねぎ」として使ってください。お肉の下味をつけるときに使うと、「酢の効果でお肉がやわらかくなった!」という声もあるんです!他にもアクアパッツァや魚の味噌漬けなど、何にでも使えるといえるかもしれません。

いかがでしょうか?手軽に使えて、続けることで効果を実感するはずです。ぜひ「氷酢玉ねぎ」を調味料として常備してみてください♪

スポンサーリンク