【玉ねぎのみじん切り】 冷凍保存の方法や賞味期限は?

玉ねぎ

玉ねぎは保存がきくので、安売りの時に ついつい大量購入したり、おすそ分けでたくさんもらうこともあると思います。

ここでは、玉ねぎのみじん切りを使ったレシピや冷凍保存の方法、賞味期限についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

玉ねぎのみじん切りを使ったレシピは?

■ふっくらジューシーハンバーグレシピ

ハンバーグレシピ

〈材料〉
・合い挽き肉 400g
・(A)コンソメ(顆粒タイプ) 大さじ1
・(A)こしょう 少々
・玉ねぎみじん切り 1個分
・パン粉 1/2カップ
・牛乳 1/4カップ
・溶き卵 1個分
・もやし 1袋
・コンソメ(顆粒タイプ) 小さじ1
・(B)トマトケチャップ 大さじ3
・(B)中濃ソース 大さじ3
・(B)酒 大さじ2
・(B)牛乳 大さじ1・1/2
・サラダ油 大さじ3
・ベビーリーフ 適量
・ミニトマト 8個

〈レシピ〉
(1)フライパンを温め、サラダ油を入れたら玉ねぎを炒めます。ほんのり色づいたら冷まします。

(2)パン粉に牛乳を入れ浸します。

(3)ボウルの中に合い挽き肉と(A)を入れ混ぜ合わせたら、炒めた玉ねぎとパン粉、溶き卵を入れてよく混ぜ合わせます。

(4)よく混ざったら4等分にして、形を整え真ん中を少しへこませます。

(5)お皿にもやしをのせ、コンソメをかけます。ラップをかけて電子レンジ(600w)で2分半温めたらよく混ぜます。

(6)フライパンを温め、サラダ油を入れたら、ハンバーグのタネを強火で1分焼きます。ひっくり返したらフタをして弱火で5分加熱します。

(7)ハンバーグ、もやし、ベビーリーフ、トマトをお皿に盛りつけます。

(8)最後に残った肉汁と(B)を煮立てたら、ハンバーグにかけて完成です!

■ロールキャベツレシピ

ロールキャベツ

〈材料〉
・合い挽き肉 200g
・玉ねぎみじん切り 100g
・キャベツ 1個
・(A)生パン粉 大さじ3
・(A)溶き卵 1/2個分
・(A)塩 小さじ½
・(A)こしょう 少々
・コンソメ 1個
・(B)水 3カップ
・(B)塩 小さじ½
・(B)こしょう 少々
・(B)ローリエ 1枚
・パセリのみじん切り 少々
・サラダ油 小さじ1

〈レシピ〉
(1)フライパンを温め、サラダ油を入れたら玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

(2)キャベツの芯を取ったら、沸騰したお湯で柔らかくなるまで5分程茹でます。

(3)キャベツが柔らかくなったらザルに移し、1枚ずつ丁寧に広げ芯の部分をそぎ取ります。

(4)ボウルの中に合い挽き肉を入れよく混ぜたら、玉ねぎと(A)を入れ混ぜ合わせます。

(5)キャベツに8等分したタネをのせます。葉の手前をタネの方へ折り込んだら、左右の葉を折り、クルリと包み込みます。

(6)8個包み終えたら、巻き終わりを下にして鍋へ入れます。(B)とコンソメを入れ、沸騰したら弱火で30分程煮ます。

(7)器に盛り付け、パセリをふりかけたら完成です!

■あじフライのレシピ

あじフライ レシピ

〈材料〉
・あじ 4尾
・塩 少々
・こしょう 少々
・(A)溶き卵 1/2個
・(A)水 1/2カップ
・(A)小麦粉 1/2カップ
・パン粉 適量
・(B)マヨネーズ 大さじ4
・(B)固ゆで卵のみじん切り 50g
・(B)玉ねぎのみじん切り 1/4個
・(B)ピクルスみじん切り 1本分
・(B)塩 少々
・(B)コショウ 少々
・油 適量
・キャベツの千切り 適量
・レモンのくし切り 2切れ

〈レシピ〉
(1)あじのウロコ、ゼイゴ、腹ワタを取り除き、頭をカットしたら水で洗いキッチンペーパーなどで水気を取ります。

(2)背に包丁を入れ身を開きます。尾を残したまま骨のある部分を切り取ったら、塩こしょうをします。

(3)(A)の材料を全て混ぜ合わせたら、あじを1匹ずつ浸しパン粉をつけます。

(4)170℃程に温まった油の中に(3)のあじを入れこんがりキツネ色になるまで揚げます。

(5)(B)の材料を混ぜタルタルソースを作ります。

(6)お皿にあじフライ、キャベツ、レモンを盛り付け、タルタルソースをかければ完成です!

■肉詰めしいたけレシピ

肉詰めしいたけ

〈材料〉
・しいたけ 6枚
・小麦粉 大さじ1
・(A)合い挽き肉 100g
・(A)溶き卵 1/2個
・(A)玉ねぎのみじん切り 大さじ2
・(A)パン粉 大さじ2
・(A)味の素 少々
・(A)塩 少々
・(A)こしょう 少々
・油 大さじ1

〈レシピ〉
(1)しいたけの軸を切り、かさの内側に小麦粉を薄くまぶします。

(2)ボウルに(A)の材料を入れ、よく混ぜ合わせます。

(3)よく混ざったら6等分にして、しいたけのかさに詰めます。

(4)熱したフライパンに油をひいたら、肉を詰め込んだ面を下にして、しいたけを焼きます。

(5)肉に焼き色が付いてきたら、ひっくり返しフタをして中火で2分程焼きます。

(6)肉に火が通ったら完成です!

いかがでしたか?玉ねぎのみじん切りを使ったいろいろなレシピをご紹介しましたが、「それでもまだ残ってる」「使い切れない」という場合は、冷凍保存がおすすめ!詳しくは続きでチェック♩

玉ねぎの冷凍保存の方法は?

玉ねぎ

玉ねぎを冷凍保存する場合は、スライスするか みじん切りしたものが良いでしょう。

みじん切りしたものの水気をしっかりと拭き取り、ジップの付いた袋などに平らに慣らし入れて密封し、冷凍します。この包み方ならば冷蔵でも2~3日は持つので、役に立つ保存法です。

飴色玉ねぎ

冷凍保存の際には割り箸などで区切って冷凍しておけば、使いたい量だけ折り取って使うことができるので便利です。

また、冷凍玉ねぎを炒めると早い時間で飴色玉ねぎにすることができるのでカレーやハンバーグなどに大変重宝します。

冷凍保存した玉ねぎの賞味期限は?

玉ねぎ

冷凍保存した玉ねぎの賞味期限1ヶ月以上とそれなりに長期なので、少しずつ美味しく食べることが出来るのも魅力です。調理の際は解凍せずにそのまま使えるのも時短になります。

冷凍玉ねぎは煮物や焼き物を作る際にはピッタリの保存方法と言えます。

常温で玉ねぎを保存する場合は?

湿気に弱い玉ねぎですが、切ったりしない場合は冷蔵保存より日の当たらない常温の涼しい所の方が長持ちします。

玉ねぎ 保存方法

玉ねぎの保存方法の一つは網などに入れて湿気の少ないところに吊るしておく方法です。それぞれの玉ねぎが重ならないようにしておくと一層保存効果があります。

箱などに入れて保存する場合、同じように玉ねぎが重なり合わないようにそれぞれを新聞紙などにくるんで保管するとよいでしょう。

冷凍、冷蔵、常温それぞれの賞味期限や保存効果を把握して腐らせず最後まで美味しく食べたいものですね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク