【玉ねぎ】 目にしみる成分や年齢との関係について

玉ねぎ 目にしみる

玉ねぎを刻んでいると涙が出てきて上手く調理ができなくなることはありませんか?これは、玉ねぎの目にしみる成分が気化され、目や鼻の粘膜を刺激するために発生する現象です。

玉ねぎを切った際に細胞が切られることによって、細胞が潰れてしまい、高い温度で蒸発する「硫化アリル」という催涙成分の仕業でかなり目に刺激を受けてしまうのです。

その硫化アリルが人の口や鼻、目といった粘膜を刺激するので涙が出てきて仕方がなくなってしまいます。

後半では目にしみる成分や年齢との関係についてご紹介します!

スポンサーリンク

玉ねぎの「目にしみる成分」とは?

玉ねぎ 涙

玉ねぎの細胞が傷つけられることで、酵素アリナーゼがスルホキシドアミノ酸によって分解され、スルフェン酸が生まれます。

このスルフェン酸がSyn-プロパンチアール-S-オキシドと呼ばれる揮発性や催涙性のある成分に変化し、目などを刺激するという仕組みになっています。

玉ねぎ 涙

玉ねぎが目にしみるのと年齢の関係は?

玉ねぎ 涙

また、この玉ねぎが目にしみるという現象は、私たちの身体の状態にも関係があります。それは、涙の分泌が低下して起こる症状に関係があり、この症状は目の表面に出来る黒い筋のことを指します。

これは年齢と共に増え、ドライアイの人に多いのが特徴の「ダークスポット」と呼ばれるものです。このダークスポットが無い状態が健康的な状態なのですが、若い人はこのダークスポットの数が少ないとされています。そのため、玉ねぎを切った際に目がしみるのは、若い、健康的な証拠だとも言えます。

近年では、パソコンやスマホ、エアコンの使いすぎ、コンタクトレンズの使用などで若い人でもダークスポットの症状の人が多く、玉ねぎを切っても目にしみない人がたくさんいると言われています。

ドライアイの人は玉ねぎが特にしみる?

玉ねぎ 涙

ドライアイの方が玉ねぎを調理すると特に目にしみて涙がポロポロ出てきてしまう!ということがあります。

「それじゃあドライアイの方が玉ねぎを切って特に目にしみる!ってことはないじゃん!」と思ってしまいますが、逆に、常に目が乾燥している状態なので、玉ねぎの硫化アリルの刺激により、涙が出ることで、「おや?なんだか目が涙でうるんできたぞ。」と普段と違う涙の量が出るのを感じ、涙があふれているように感じるのかもしれません。

ドライアイ 目

またドライアイの方は、常に目に涙の量が少ない状態なので、乾燥により摩擦などで目が傷つきやすく表面に傷がついていることが多いので、涙でさえも目にしみて痛くなってしまう…というようなこともあります。

目のおかれている状態を改善しなければ、ちょっとした刺激でさえ目にしみてしまうようですよ。

涙でドライアイは改善できるの?

ドライアイ 改善

玉ねぎを切った涙でドライアイが改善できそうな気がしませんか?

しかし、玉ねぎを切った時の涙ではドライアイは改善できません。というのも玉ねぎを切ることで出る涙と、通常 目を潤している涙とではちょっと種類が違うからです。

玉ねぎを切ったときの硫化アリルによる刺激や、悲しかったり、痛かったりする時に出るのは「刺激分泌」の涙で、普段から目を潤して保護する役割をするのは「基礎分泌」の涙です。この二種類は同じ涙でも違うものなのです。

刺激分泌による涙は、目にとどまることなく目からドッと一気にあふれ出し流れてしまいます。基礎分泌の涙は目を常に潤しており、日々、一定量の涙を排出し、また作り出して目を潤しています。

眼科 診断

ドライアイの方は刺激分泌による涙の排出機能に問題はありませんが、基礎分泌の涙が減少していることがその正体なので、基礎分泌を改善しなければ、改善にはつながりません。

しかし、玉ねぎを切ることででる硫化アリルなどで涙の分泌量を調べたりして治療に役に立つのでは?と考えられています。

風が吹いても目がしみて刺激分泌の涙が出てくるような激しいドライアイの方はかなり目が傷ついている状態ですので、早めに眼科で診てもらい改善してもらいましょう。

【ハウス】玉ねぎの力

天然効果タマネギの力

今話題の血液サラサラ成分がたっぷり

・希少な成分のシクロアイリン
・玉ねぎの外皮エキスのケルセチン

初回購入なら定価より半額!

 

>>>『玉ねぎの力』詳細はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク