【玉ねぎ】 目にしみる成分や年齢との関係について

玉ねぎ 目にしみる

玉ねぎを切ると目にしみて、痛くなったり涙が出てくると言われています。これは、玉ねぎの目にしみる成分が気化され、目や鼻の粘膜を刺激するために発生する現象です。

目にしみる成分や年齢との関係については後半でご紹介!

スポンサーリンク

玉ねぎの「目にしみる成分」とは?

玉ねぎ 涙

玉ねぎの細胞が傷つけられることで、酵素アリナーゼがスルホキシドアミノ酸によって分解され、スルフェン酸が生まれます。

このスルフェン酸がSyn-プロパンチアール-S-オキシドと呼ばれる揮発性や催涙性のある成分に変化し、目などを刺激するという仕組みになっています。

玉ねぎ 涙

玉ねぎが目にしみるのと年齢の関係は?

玉ねぎ 涙

また、この玉ねぎが目にしみるという現象は、私たちの身体の状態にも関係があります。それは、涙の分泌が低下して起こる症状に関係があり、この症状は目の表面に出来る黒い筋のことを指し、ダークスポットと呼ばれるものです。

このダークスポットが無い状態が健康的な状態なのですが、若い人はこのダークスポットの数が少ないとされています。そのため、玉ねぎを切った際に目がしみるのは、若い、健康的な証拠だとも言えます。

ダークスポットについて

玉ねぎ 涙

このダークスポットは、年齢と共に増え、ドライアイの人に多いのが特徴です。

近年では、パソコンやスマホ、エアコンの使いすぎ、コンタクトレンズの使用などで若い人でもダークスポットの症状の人が多く、玉ねぎを切っても目にしみない人がたくさんいると言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク