玉ねぎ茶の作り方は? 副作用や効能について

玉ねぎ皮茶
「玉ねぎの臭いが苦手!」「玉ねぎの味が苦手!」という方にオススメなのが【玉ねぎ茶】!!
身体にも良いと言われている玉ねぎ茶ですが、飲みすぎは禁物!!

そこで今回は、玉ねぎ茶の効能や副作用、作り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

玉ねぎ茶の効能と副作用は?

玉ねぎ皮茶

玉ねぎ茶の効能は素晴らしく、降圧効果があります。
皮には玉ねぎの色素である【プロトカテキュ酸】という強力な抗酸化物質が含まれているので、高血圧や花粉症、動脈硬化など生活習慣病の予防効果があります。

玉ねぎの副作用について

玉ねぎには 血圧を下げる効果があるので、血管のドロドロをサラサラに変えてくれます。
血流をよくする事で血圧を正常にしてくれるですが、血圧そのものをコントロールするものではないので、血圧が下がりすぎるという副作用が懸念されます。

ただ血圧を下げる薬を併用していなければ、特に問題はないでしょう。

玉ねぎ茶の作り方は?


玉ねぎ茶の作り方はとても簡単で、玉ねぎの皮2~3個分を用意し、皮を水洗いして乾燥させます。そして水500mlを入れて鍋で沸かし、沸騰したら中火で3分、皮を煮立てるだけです。

玉ねぎ茶は、厳選された皮だけを使っているので、玉ねぎ独特の香りがありません。ですので、子供さんにもおすすめできます。

玉ねぎ茶はダイエット中の方にもおすすめ!!

玉ねぎ皮茶

玉ねぎ茶にはカロリーもないのでダイエット中の人でも安心して飲むことができ、リフレッシュ効果もあります。【ケルセチン】が豊富なので、玉ねぎ茶は健康的で、高血圧の人にも良いです。変なクセがないので、毎日飲み続けることができますよ!

玉ねぎ茶の副作用に気を付けながら、健康な体つくりをしていってくださいね!!

スポンサーリンク