【玉ねぎ】 レンジで栄養を損なわず柔らかくする方法とは?

玉ねぎを柔らかくする方法
水溶性のビタミンというものは湯通ししたりすると栄養分は流れていってしまうと言われています。

これは、玉ねぎの栄養価を損なわずに柔らかくして食べようと思う時も一緒。

ここでは、レンジを使って 栄養を損なわずに玉ねぎを柔らかくする方法をご紹介しています。

柔らかいタマネギが好きな方必見♪

スポンサーリンク

玉ねぎをレンジで柔らかくする方法

豊富な玉ねぎの栄養分をしっかりと摂取しようと思う場合、煮立てたりしてしまうと栄養が流れてしまいます。

つまり、煮立てたり、湯通しすることはオススメではありません。

では、どのようにしたら玉ねぎの栄養を損なうことなく柔らかくして食べることができるのでしょうか?

これには【電子レンジ】を活用することがベストです!!

玉ねぎを柔らかくする方法

レンジで玉ねぎを柔らかくする方法は簡単♪

まず、玉ねぎをむいて 上と下の部分を軽く削ぎ落とした後、後で食べやすくするために包丁で上から3分の2程度まで切れ目を入れます。

次に これをラップをしてレンジでチンするだけ♪

レンジでの加熱の目安は600ワットで4分程度を目安とすると良いでしょう。

出来上がった玉ねぎはびっくりするくらいに柔らかくなっています!!

玉ねぎを柔らかくする方法

苦味もなく甘い仕上がりになるので、小さなお子さんにもオススメ☆

お醤油をかけたり、かつを節をかけたりして好みで色々なものをトッピングして食べることが可能です。


湯通しをしていないので 栄養もしっかりと詰まった美味しい玉ねぎを食べられますよ。

ぜひ、レンジで玉ねぎを柔らかくする方法を試してみてください!

スポンサーリンク