玉ねぎで血糖値が下がる理由とは? 効果的な食べ方も紹介♪

玉ねぎ

常備野菜の代表ともいえる玉ねぎ。どこのご家庭にもあるといっても過言ではない玉ねぎですが、実は血糖値を下げるのに効果的なんです!!

ここでは、玉ねぎで血糖値が下がる理由や 効果的な食べ方などをご紹介しています。

スポンサーリンク

玉ねぎで血糖値が下がる理由について

玉ねぎ

なぜ玉ねぎが血糖値低下に効果的かというと、玉ねぎに含まれる【イソアリイン】という成分がインスリンの働きをよくする効果があるから。そのため、血糖値を下げることにつながっています。

でも、何も考えずに食べていたら、せっかくの効果も減少してしまうことに!後半では玉ねぎの効果的な食べ方やレシピをご紹介します♪

玉ねぎを食べると血糖値が上がる人もいるの?

血糖値が上がる

玉ねぎを食べると血糖値が下がる!とよく耳にしますが、場合によっては玉ねぎを食べて血糖値が上がってしまう可能性もあるんです。

何に原因があるのかというと、実は「調理法」にあるんです!玉ねぎを食べれば、生のまま食べても加熱したものを食べても効果は同じだと思われがちですが、実は違うんです!

生のまま食べる場合は血糖値が下がりますが、熱を加えてトロトロにしたオニオンスープの場合は吸収力が高く、消化が早いため血糖値が上がりやすくなります。

血糖値を気にしている方は「調理法」にも気を付けると良いかもしれませんね!

キャベツも食後血糖値の上昇を抑えてくれる!

キャベツ 血糖値

千切りにして生のまま食べても、炒め物にしても美味しいキャベツ!

毎日の食事に欠かせない食材といってもいいキャベツには、水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維には糖分を血液中に出るのを阻止する働きがあるため、血糖値の急上昇を防いでくれます。

オススメの食べ方は、千切りやざく切りにした生キャベツ!1日に1/6玉食べればOKなのでペロリと食べられそうですね!

血糖値対策は食べる順番が大事!

血糖値対策 食事

血糖値を下げるために、血糖値の上がりやすい食べ物を食べないようにしている…という人も多いのではないでしょうか?

でも、食べたい物を我慢しているとストレスがたまりイライラしてしまいますよね。そんなときは、食べたい物を我慢するのではなく、食べる順番を工夫するようにしてみましょう!

そんなことで血糖値が下がるの?と思われるかもしれませんが、同じ料理を食べたとしても食べる順番が違うだけで血糖値の上昇が変わってくるんです。

血糖値を下げるためにはまずキャベツや玉ねぎなどの生野菜を食べましょう!その次に肉や魚などのおかずを食べ、最後にお米やパン、パスタなどの主食を食べるようにするといいですよ!

玉ねぎの効果的な食べ方やレシピは

玉ねぎ

玉ねぎは、サラダなど生で食べるのが1番オススメです。

サラダにするときは辛みが気になるかもしれませんが、辛みを抜くために水にさらしてしまうとせっかくの栄養分が流れ出してしまいます。しっかりと効果を得たいのであれば、水にさらさず食べる方が良いでしょう。

また、玉ねぎを切ったあと10分から20分ほどおいておくと、栄養分が増えるのだとか!!せっかくですから、玉ねぎを切った後すぐ調理せずにしばらく置いておきましょう♪

ためしてガッテンの酢玉ねぎも人気♪

玉ねぎ酢

玉ねぎは生で食べるのが1番といわれても、サラダばかりじゃ飽きてしまいますよね。そこで、オススメなのが酢玉ねぎ!! 

NHKためしてガッテンで紹介されて以来、健康志向の方から大人気の酢玉ねぎの作り方はとっても簡単♪

玉ねぎを薄くスライスし、お酢と一緒に容器に入れてしばらく漬けておくだけです。冷蔵庫で1週間から10日ほど保存できますし、サラダにはもちろん、お肉料理の付け合わせなどにも使えます。

1日に必要な玉ねぎの摂取量は?

玉ねぎの摂取量

1日に必要な玉ねぎの摂取量がどれくらいなのか気になりますよね。

血糖値を下げたいのであれば、中サイズの玉ねぎを1日に1/4個食べればOKなんです。意外と少ない!と思われた方も多いかもしれませんが、毎日続けて食べるには丁度良い量です。

食べるタイミングは食事前がオススメです!血糖値が気になるという方は、玉ねぎの効果的な食べ方やレシピをぜひ参考にしてみてくださいね♪

【ハウス】玉ねぎの力

天然効果タマネギの力

今話題の血液サラサラ成分がたっぷり

・希少な成分のシクロアイリン
・玉ねぎの外皮エキスのケルセチン

初回購入なら定価より半額!

 

>>>『玉ねぎの力』詳細はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク