玉ねぎで血糖値が下がる理由とは? 効果的な食べ方も紹介♪

玉ねぎ

血糖値を下げるには、玉ねぎを食べるのが効果的!!

ここでは、玉ねぎで血糖値が下がる理由や 効果的な食べ方などをご紹介しています。

スポンサーリンク

玉ねぎで血糖値が下がる理由について

玉ねぎ

常備野菜の代表ともいえる玉ねぎ。どこのご家庭にもあるといっても過言ではない玉ねぎですが、実は血糖値を下げるのに効果的なんです!!

なぜ玉ねぎが血糖値低下に効果的かというと、玉ねぎに含まれる【イソアリイン】という成分がインスリンの働きをよくする効果があるから。そのため、血糖値を下げることにつながっています。

でも、何も考えずに食べていたら、せっかくの効果も減少してしまうことに!後半では玉ねぎの効果的な食べ方やレシピをご紹介します♪

玉ねぎの効果的な食べ方やレシピは

玉ねぎ

玉ねぎは、サラダなど生で食べるのが1番オススメです。

サラダにするときは辛みが気になるかもしれませんが、辛みを抜くために水にさらしてしまうとせっかくの栄養分が流れ出してしまいます。しっかりと効果を得たいのであれば、水にさらさず食べる方が良いでしょう。

また、玉ねぎを切ったあと10分から20分ほどおいておくと、栄養分が増えるのだとか!!せっかくですから、玉ねぎを切った後すぐ調理せずにしばらく置いておきましょう♪

ためしてガッテンの酢玉ねぎも人気♪

玉ねぎ酢

玉ねぎは生で食べるのが1番といわれても、サラダばかりじゃ飽きてしまいますよね。そこで、オススメなのが酢玉ねぎ!! 

NHKためしてガッテンで紹介されて以来、健康志向の方から大人気の酢玉ねぎの作り方はとっても簡単♪ 玉ねぎを薄くスライスし、お酢と一緒に容器に入れてしばらく漬けておくだけです。冷蔵庫で1週間から10日ほど保存できますし、サラダにはもちろん、お肉料理の付け合わせなどにも使えます。

血糖値が気になるという方は、玉ねぎの効果的な食べ方やレシピをぜひ参考にしてみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク