玉ねぎの食べ過ぎが 下痢・腹痛・臭いの原因になる!?

玉ねぎ 食べ過ぎ

玉ねぎの食べ過ぎは、下痢や吐き気の原因になるので注意しないといけません。
また、食べ過ぎると口臭や体臭が臭くなります。

ここでは、玉ねぎを食べ過ぎると起こる体調不良の仕組みや原因をご説明します。

スポンサーリンク

玉ねぎを食べ過ぎたときの臭いについて

玉ねぎの臭い

玉ねぎを食べ過ぎると、めまい、発熱、動悸、嘔吐、下痢などの症状が現れます。

玉ねぎを食べ過ぎると体臭や吐き気がするのは、成分の硫化アリルが原因です。
加熱すると分解されて甘みに変わる辛みや香りの成分ですが、硫化アリルが含まれていると、口臭が臭くなります。胃で消化されると血液中にも取り込まれることになり、全身をめぐって、皮膚や口から吐き出されるからです。

玉ねぎを食べ過ぎて下痢になる理由とは?

玉ねぎ 食べ過ぎ

玉ねぎを食べた後、下痢に襲われるのは、アリシンという成分が、胃に刺激を与えるからです。玉ねぎの食べ過ぎで、下痢や吐き気になったり、口臭が臭くなるのは、生で食べたことで起こることが多いです。 胃が弱い人は、たくさん食べることを控える必要があります。

新玉ねぎなどは、甘いので加熱した方がよいでしょう。あるいは、薄くスライスしてサラダにして食べてもかまいません。

玉ねぎは体に良いのですが、摂り過ぎは毒になるので注意が必要です。毎日食べ続けていると、周囲がわかるほど臭いがわかるので、適度に摂りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク