【玉ねぎワイン】 効果や効能は? ワイン漬も人気♪

玉ねぎ

玉ねぎワインは、色んな効能や効果があることで話題になっています。

ここでは、玉ねぎワインの効果や効能、人気のレシピ『ワイン漬』をご紹介!

スポンサーリンク

玉ねぎワインの効果・効能は?

玉ねぎワイン

玉ねぎワインの効果・効能ですが、玉ねぎワインは消化器系のガンの予防に有効で、心臓病や脳卒中を予防改善する効果があります。

また、高脂血症、血栓、高血圧、動脈硬化の予防改善にもなり、糖尿病の予防改善効果もあります。

他にも、白内障や気管支ぜんそくの発作抑制、骨粗鬆症、肝機能強化、視力強化、老化防止抗ウイルス作用もあると言われています。

玉ねぎワインについて

玉ねぎワイン

玉ねぎワインは、ヨーロッパでは昔から家庭でつくる薬酒として愛飲されてきました。玉ねぎの効能に赤ワインの効能がプラスされるので、より高い効果が得られるのです。

有効な成分が凝縮された薬用酒である【玉ねぎワイン】を 毎日 続けることで健康を維持することができます。

心臓病や脳卒中の多くは、動脈硬化が引き金になっています。
血栓の予防が大事な病気ですが、玉ねぎワインには、高脂血症や高血圧に対する予防改善効果があります。
つまり、玉ねぎワインを取り入れるだけで 心臓病や脳卒中を予防できることになります。

玉ねぎとワインの働きは?

玉ねぎ

玉ねぎには、血液浄化作用や血栓を溶かす作用、善玉コレステロールを増やす働きがあり、赤ワインには、身体の酸化を抑えて血液をキレイにする働きがあります。

玉ねぎのワイン漬も人気♪

玉ねぎワイン

玉ねぎワインは、ワインにタマネギのエキスを染みこませて飲むタイプと、玉ねぎにワインを漬け込んで玉ねぎごと食べるタイプとがあります。

玉ねぎワインの作り方は とても簡単で、カットした玉ねぎをワインに漬けておくだけ!!

ワイン好きな人には飲むタイプ、おかずとしても楽しめるのが玉ねぎごと食べるタイプとなっています。使い分けて、玉ねぎとワインを定期的に取り入れると、病気の予防にもなっていいですよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク