【玉ねぎの病気】 効果的な薬や対策について

ベト病

玉ねぎの病気に【ベト病】と呼ばれるものがあります。ベト病にかかると葉に褐色の病斑が生じ、放っておくと段々と茶色になりついには枯れてしまいます。

ここでは、ベト病に効果的な薬や対策についてご紹介します!

スポンサーリンク

玉ねぎの病気に効果的な対策は?

ベト病

玉ねぎの病気に効果的な対策は、治療薬を散布することです。治療薬にも幾つかあり、自分で作ることもできれば、市販のものを買うこともできます。

玉ねぎのベト病が初期の段階であれば、酢を薄めた液体に唐辛子を加えたものを葉にかけることができます。病気の発生初期であれば、木酢液に唐辛子を加えたものをしっかり吹きかけると効果があります。

ベト病対策の薬について

ベト病

ベト病対策に効果的な薬にはヤシ油とでんぷんから作られた薬剤があります。

ベト病を放っておくと被害がひどくなり、すべての株が枯れてしまうこともあるため、是非とも早目に対策を講じるようにしたいものです。

薬以外の対策は?

玉ねぎ

薬以外の対策として、土壌の排水性を良くして根が健全に育つよう環境を整えることができます。また狭い場所にたくさんの玉ねぎを植えないことも必要です。できるだけ株と株の間、葉と葉の間を開けて風通しをよくするようにすることです。

さらに湿度にも十分気を配る必要があります。玉ねぎの病気は湿度が高いと蔓延しやすくなります。それで風通しの良い湿度の低めな場所で栽培できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク