すし酢で作る【酢玉ねぎ】が激ウマ!! アレンジレシピや食べ方も必見!

酢玉ねぎの保存期間

玉ねぎは血液をサラサラにする、血圧を下げる、ダイエットにも効果があるそうなので、毎日でも摂りたい食品ですよね。そんな玉ねぎを手軽に摂れる食べ物として今話題の「酢玉ねぎ」をご存知ですか?面倒くさそうに思いますが、実はすし酢で作ると、とってもカンタン。一度作ってしまったら日持ちし、使いまわしレシピも豊富で便利なんですよ♪

スポンサーリンク

すし酢で作る「酢玉ねぎ」について

酢玉ねぎ 作り方

すし酢で作る酢玉ねぎのレシピは次の通りです。

【酢玉ねぎの材料】
・玉ねぎ1/2個
・すし酢200ml

【酢玉ねぎの作り方】
1.玉ねぎをみじん切りにする

2.すし酢を入れた密閉容器に玉ねぎを入れる

☆冷蔵庫に入れて2~3日置くと味がしみておいしくなります。1週間から2週間 日持ちしますので、使い切れそうなら、倍量で作ってくださいね。容器は清潔なものを使ってください。

すし酢で作るメリットは?

玉ねぎのアレンジレシピ

切って入れるだけ、のカンタンレシピ。それは何といっても「すし酢」のおかげです。自分ですし酢を作る時は、お酢と砂糖と塩を混ぜますよね。でも、その都度分量をチェックするのも手間ですし、味がきまらないこともあります。その点、市販のすし酢ならあれこれ揃えなくてもいい、気楽にサッと作ることができるのがメリットです。

最近はリンゴ酢やだし入りの製品もあり、まろやかな味に仕上がります。砂糖が入っていることで、多少カロリーが上がりますが、酢が苦手な方や玉ねぎの辛みがキライという方にもおすすめです。

酢玉ねぎのアレンジレシピや食べ方は?

酢玉ねぎの効能

☆「トマトのマリネ・イタリアン風」
トマト、オリーブ油、バジル(乾燥でも可)を玉ねぎ酢とあえるだけ

☆「鶏手羽元と卵の柔らか煮」
塩コショウで下味をつけた鶏、ゆで卵、玉ねぎ酢とその液としょうゆで煮込みます。サバに替えて味噌で味付けてもOK☆

他にも、ポテトサラダ、トーストなど、いつものメニューに加えるだけで健康効果がアップします!すし酢で簡単に作れる「酢玉ねぎ」、お酢だけのものより、いちだんとマイルドで食べやすいはず。一気に作って手軽に一品増やしてみませんか?

【ハウス】玉ねぎの力

天然効果タマネギの力

今話題の血液サラサラ成分がたっぷり

・希少な成分のシクロアイリン
・玉ねぎの外皮エキスのケルセチン

初回購入なら定価より半額!

 

>>>『玉ねぎの力』詳細はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク