玉ねぎの含まれている成分 『硫化アリル』効果や効能は?加熱はOK?

玉ねぎ

血液サラサラ効果が大きく取り上げられ、その健康効果が注目されている「玉ねぎ」。

ここでは、玉ねぎに多く含まれている「硫化アリル」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

玉ねぎに多くふくまれる硫化アリルとは?

玉ねぎ

玉ねぎに多く含まれている硫化アリルは「アリシン」ともよばれ、玉ねぎをはじめとしたネギ類の独特の香りの素です。

玉ねぎを切ると目にしみて涙が出るのは、玉ねぎを切ることによって玉ねぎの細胞が壊れ、硫化アリルが気化して空気中に放出されると、目や鼻を刺激してしまうから。そのため、涙や鼻水が出てしまうのです。

目や鼻を刺激する厄介な成分と思われるかもしれませんが、実はこの硫化アリルにはさまざまな健康効果が!!硫化アリルの効果や効能は、続きでご紹介します。

硫化アリルの効果や効能

硫化アリルの効果や効能はこちら♪

◇消化液の分泌を助け、食欲を増進させる
◇疲労を回復させる
◇新陳代謝や神経の沈静化に必要なビタミンB1の吸収と活性化を促す
◇血液の凝固や、血管を詰まらせる血栓を防ぐ
◇コレステロールの増加を押さえ、動脈硬化を予防
◇免疫細胞である白血球やリンパ球が効率的に活動できるようになるため、免疫力がアップ!!
◇新陳代謝が活発になることで、老廃物の排出し、脂肪を燃焼させてくれる

玉ねぎの調理時の注意点は?

玉ねぎを切る

さまざまな健康効果がある硫化アリルですが、水溶性の成分のため、水にさらすなどした場合には成分が流れ出てしまうことがあります。効果的に摂りたいなら、切ったあとには出来るだけ水にさらさない方が良いでしょう。
生の食べるときは、15分ほど空気にさらしておくと良いですよ。

また、硫化アリルは加熱すると成分が失われてしまいます。薄切りにしてから15分ほど放置すると、加熱しても成分が壊れなくなるようですので、ぜひ試してみてくださいね。

免疫力UPでガンにも効果的

玉ねぎのすりおろし

硫化アリルは体外から侵入した異物や、体内でつくられたガン細胞を撃退するNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを活発にしてくれます。

免疫力をアップさせてガンにも効果的な働きをしてくれる玉ねぎは、日頃から積極的に取り入れたい食材の1つですね。

スポンサーリンク