玉ねぎが糖尿病に効く理由とは? 副作用もなし♪

玉ねぎ

糖尿病の予防や対策方法はいろいろありますが、実は玉ねぎも糖尿病に効果的なのをご存知ですか?

ここでは、玉ねぎが糖尿病に効く理由や、気になる副作用などについてご紹介しています。

スポンサーリンク

玉ねぎが糖尿病に効く理由とは?

玉ねぎ

体に余分な糖があるときだけインスリンの効き目を補ってくれる【イソアリイン】、抗酸化作用のある【グルタチオン酸】、抗炎症作用や動脈硬化効果予防に効果のある【ケルセチン】、玉ねぎに含まれるこの3つの成分が糖尿病の改善に効果を発揮してくれます。

玉ねぎの副作用について

糖尿病に効果的な玉ねぎですが、やはり副作用が気になりますよね。基本的には副作用はありませんが、いくら玉ねぎが体に良いといっても、血圧が下がりすぎてしまうこともあるため食べ過ぎは禁物です。

1日50g程度を目安に召し上がってくださいね♪

糖尿病食から「玉ねぎ氷」が誕生!

玉ねぎ氷

でも、毎日毎日玉ねぎばかり食べるのは辛いという方もいらっしゃるでしょう。そんな方にオススメなのが、糖尿病食から誕生した「玉ねぎ氷」です。

玉ねぎ氷の作り方や使い方は続きをチェック!!

玉ねぎ氷の作り方や使い方は?

玉ねぎ氷の作り方はこちら♪



玉ねぎ氷は冷凍保存ができるため、長期保存が可能です。さらに毎日使うことが大切ですので、一度にたくさん作っておくことをオススメします。

玉ねぎ氷

玉ねぎ氷はお味噌汁やスープなどのうま味調味料の代わりとして使います。もちろん、煮物にもOK!!

玉ねぎ氷は一度加熱してからつくるため、においや辛みがなく、さまざまな料理に取り入れることができます。1日2個程度を目安に使ってくださいね☆

糖尿病に効果的な玉ねぎをつかった【玉ねぎ氷】、ぜひお試しあれ♪

スポンサーリンク