【玉ねぎの栽培】 肥料・追肥・失敗は? ※育て方

玉ねぎ栽培

家庭菜園でも人気の【玉ねぎ】!!
ここでは、玉ねぎ栽培の肥料・追肥・失敗についてご紹介しています。

難しくないので、後半の内容を参考に ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

玉ねぎ栽培の肥料や追肥時期について

玉ねぎ栽培

玉ねぎの栽培方法、育て方はそれほど難しくありません。中生種を鉛筆くらいの太さの苗に植え付けて栽培すればよいからです。植え付けは11月の2週くらいに始め、植え付けの2週間前に畝に石灰、1週間前に堆肥や化成肥料を与えます。

玉ねぎの栽培をする時は、1回目の追肥は、成育前半に窒素が効いて耐寒性が低下しないよう1月中旬ごろに行い、2回目の追肥は、2月下旬から3月上旬に行うようにし、それ以降は腐敗を防ぐために追肥はしないようにします。

追肥の1回目は1月中旬ごろに化成肥料で行い、2回目は2月下旬から3月上旬にかけい化成肥料で行います。収穫時期は6月ごろで、葉が7割から8割が倒れたころの雨の心配のない日に行います。収穫する時は、抜いて畑で乾燥させます。

玉ねぎ栽培で失敗しないためには…?

玉ねぎ

玉ねぎの栽培で気をつけないといけないのは、植え付け直後に窒素が効きすぎると耐寒性が低下するところです。成育後半にリン酸が効いていると腐敗しやすいので、対策をしないと失敗する恐れがあります。

玉ねぎは寒さに強いのですが、防寒対策をまったくしないと失敗します。凍結や霜による寒害があるので、1月頃におかくずを株元に被せておきましょう。

玉ねぎを栽培する時は是非参考にしてくださいね。

【ハウス】玉ねぎの力

天然効果タマネギの力

今話題の血液サラサラ成分がたっぷり

・希少な成分のシクロアイリン
・玉ねぎの外皮エキスのケルセチン

初回購入なら定価より半額!

 

>>>『玉ねぎの力』詳細はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク